事業資金のための信頼できる不動産担保ローンNavi

事業資金のための不動産担保ローン基礎知識

不動産担保ローン融資事例集【個人事業主・法人編】

事業資金融資に強い!不動産担保ローン会社7選

事業資金のための信頼できる不動産担保ローンNavi

事業資金に悩む経営者必見!不動産担保ローンの賢い利用法

HOME » 不動産担保ローンと他の事業資金調達法を徹底比較

不動産担保ローンと他の事業資金調達法を徹底比較

法人や個人事業主の方が資金繰りに困ったとき、ビジネスローンや不動産担保ローンなど、様々な調達方法があります。ここでは、それぞれの特徴や借入時の注意点などを比較し、用途や状況に合ったローンをご紹介しています。

代表的な資金調達方法

ここでは、事業資金の調達方法の中でも、利用者が多い4種類のローンを比較していきます。簡単に特徴を紹介すると、

●不動産担保ローン

不動産を担保にしたローンで、金利が低く審査も通りやすい。数千万以上の高額融資も可能で、借入期間がとても長い。

●ビジネスローン

融資実行までが早いが、金利が高く連帯保証人が必要な場合も。サービスを取り扱っている業者が多い。

●手形貸付

自社振り出しの手形を使用するので、融資実行までが早い。滞りなく返済していれば繰り返し融資してもらえる。

●ファクタリング

譲渡債権の範囲内で現金化するので、負担が少ない。不渡をファクタリング業者に転嫁できるので、リスクヘッジにもなる。

用途が広く審査に通りやすい不動産担保ローン

オススメは、融資額が高く審査に通りやすいと評判なのが不動産担保ローンです。ローン業者によって違いはありますが、100万~数千万円の融資が可能な上、借入期間も10~20年と長期なため、計画的な返済が可能です。

以下のページでは、そんな不動産担保ローンと、ビジネスローン・手形貸付・ファクタリングを比較しています。それぞれの性質を理解し、自分に合った資金調達方法を見つけてみてください。

不動産担保ローンガイド

業績は赤字、担保不動産は遠方、事業計画書も作成していなかったマイナスポイントだらけの個人事業主が、銀行や銀行系ローン会社に融資を断られ、3番目に相談したのがノンバンク系不動産担保ローン会社。
私の経験を踏まえ、ローン会社の選び方を伝授。事業資金を融資してもらえる頼りになるローン会社をご紹介します。

不動産担保ローン会社7社を 3段階評価で徹底比較!