事業資金のための信頼できる不動産担保ローンNavi

事業資金のための不動産担保ローン基礎知識

不動産担保ローン融資事例集【個人事業主・法人編】

事業資金融資に強い!不動産担保ローン会社7選

事業資金のための信頼できる不動産担保ローンNavi

事業資金に悩む経営者必見!不動産担保ローンの賢い利用法

HOME » 事業資金のための不動産担保ローン基礎知識 » 事業資金の種類と担保となる不動産

事業資金の種類と担保となる不動産

このページでは企業にとって事業資金にはどんなものがあるか、運転資金などの不動産担保ローンの使い途と合わせて解説します。

不動産担保ローンを利用できる運転資金など事業資金の種類

企業にとって事業資金にはどんなものがあるか、運転資金などの不動産担保ローンの使い途と合わせて解説ビジネスで不動産担保ローンを利用する場合、事業資金になるわけですが、その資金目的によっては運転資金設備資金に大別されます。
運転資金は恒常的な営業活動に不可欠な資金で、仕入や経費など支払にかかる資金。
設備資金は創業に必要となる資金や、新規事業に参入する際の資金を意味します。
これらに対して不動産担保ローンを利用するケースとしては、以下のような用途が想定されます。

  • 新規事業資金/所有する不動産を使って新規事業に参入するための資金を調達
  • 創業資金/フランチャイズビジネスの加盟金など創業のための初期費用を調達
  • 納税資金/決算期の納税資金を分割返済で調達
  • つなぎ資金/公的融資制度などから融資されるまでの期間のつなぎ資金として利用
  • 借換資金/金融機関からの返済期限で更新できない場合の借換

事業資金は長期か短期かを理解して不動産担保ローンを利用する

不動産担保ローンで事業資金を調達する場合、その用途による性質の違いも理解しておく必要があります。
融資には短期長期とがあり、返済期間が1年未満なら短期、1年以上なら長期。
これを用途によって使い分けるわけです。
設備資金は一般的に長期資金となります。
短期返済できればベターですが、無理な返済計画にしてしまうと日常的な資金繰りが厳しくなり、新たな借入ができなくなるといったリスクもあります。
一方、納税資金やつなぎ資金などは短期資金
これらも前もって必要となることは想定できるので、年度内で返済できるように資金調達の計画をしっかり立てておくことが重要です。

不動産担保ローンガイド

業績は赤字、担保不動産は遠方、事業計画書も作成していなかったマイナスポイントだらけの個人事業主が、銀行や銀行系ローン会社に融資を断られ、3番目に相談したのがノンバンク系不動産担保ローン会社。
私の経験を踏まえ、ローン会社の選び方を伝授。事業資金を融資してもらえる頼りになるローン会社をご紹介します。

不動産担保ローン会社7社を 3段階評価で徹底比較!